薄毛の状態にはいろいろなケースがあります。髪の毛は、一つの毛根から一本の毛が出ているわけではありません。何本も出ています。それが一本になっていたり細くなれば薄くなったように感じます。その他毛根はあるのに毛が生えていない状態もあります。こんな毛根が増えてくればやはり薄く感じるでしょう。薄毛治療の一つに、薬を利用する方法があります。飲み薬や塗り薬はよく知られていますが、それとは異なる方法があります。薬を直接毛根に注入する治療があります。薬や塗り薬だと、毛根に影響するまで時間がかかりますし、必ずしもすべての薬が到達してくれるわけではありません。でもこの方法であればダイレクトに効いてほしいところに薬が到達してくれます。

日常生活の問題点を見つけ出して改善する

男性の薄毛の原因として、男性ホルモンが影響しているとされています。女性にも男性ホルモンがあり、閉経後には男性と同じような影響が出るといわれます。しかし男性ほど薄い人を見かけません。女性には女性特有の理由があるとされています。治療の方法として、まずは今の生活に問題点がないかをチェックします。髪の毛は普通に生活をしていれば自然に生えて自然に抜けます。しかしそのサイクルがうまくいっていない何か悪い習慣があるかもしれません。意外なのはシャンプーの仕方の悪さです。悪い方法を行っている人がいて、そのために頭皮が傷んで薄毛になる人がいるようです。薬などを使うと非常にお金がかかるので、まずは日常生活の見直しから始めると良いでしょう。

一般人にとどまらず、芸人や有名人でもagaの治療を行う人は少なくありません。日本人の4,5人に一人は治療や相談を受けるデータがあります。

毛根に薬を直接注入して発毛を期待する

You May Also Like