設計者に3DCADを扱えるだけの素養はあるか

従来の2DCADと違って、3DCADなら物を立体的に見ることができます。パーツとパーツがどのように干渉し合っているのかを目で見て確認することができて便利です。ただし、2Dで作業をしていたときとは違う操作が必要になる場合も少なくありません。作業量自体が膨大になってしまうことも考えられますね。設計者が3DCADに慣れていない場合には、逆に作業効率をダウンさせる結果となってしまうので要注意です。設計者が操作に慣れるまで一年以上の歳月がかかるものだと考えて問題はないでしょう。それだけ高度な技術が必要になる最新鋭のソフトだというわけです。

社員教育の必要性が出てくる場合もある

まったく新しく3DCADを導入するときには、一からその技術について社員教育を行う必要が出て来る場合もあります。外部から講師を招き入れて、社員一人一人のスキルアップをしなければ仕事にならない可能性があるのです。導入をする前に、もしも講師の依頼をするなら誰にお願いをするのかという点まで調べておく必要があります。社員教育の時間もどこかで作り出さなければいけませんし、導入前に考えるべきことは山のようにあります。また、パソコンの性能が悪いと3DCADがスムーズに動かせない可能性もあります。きちんとソフト側の要求水準を満たしたパソコンがあるかのチェックも必須でしょう。十分な性能のマシンが揃っていないなら、そこから買い換える必要が出てきます。オフィス用のパソコンはグラフィックボードが非搭載で、スムーズに3DCADが動かないことは多いです。

電気CADは、電気設計に特化したCADで、電気設計を色々な方法でサポートする機能がついていて、それらによって電気設計の工程を簡略化できる事が主なメリットです。

経営者必見!3DCADを導入するときに押さえておきたいこと

You May Also Like