電話占いはどうやって占う

今話題の占いの一つとして、電話占いがあります。この電話占いは電話があれば占いをしてもらえるもので、あえて対面で占い師の先生に占ってもらうスタイルではありません。対面式の場合は、必ず占い師の先生に会いに行く必要がありますが、電話占いはその必要がありませんので、家にいてリラックスした状態で占ってもらえるのが、大きなメリットでしょう。

しかも、占いのサイトにもよりますが、かなり遅い時間帯まで占いを行っていますので、仕事があってとても遅くなってしまった時でも、家に帰ってから占ってもらえます。

それ以外のメリットは、占ってもらっている時間帯だけ費用が発生して、明朗会計システムになっているところでしょう。最初から自分で今日はこれくらいの時間にしておこうと決めておけば、その時間だけ占ってもらえばよく、料金も自分でコントロールできます。これも大きなメリットです。

デメリットはどこにあるか

いろいろなメリットがありますが、電話占いにはデメリットはあるのかというと、これは占ってもらう人によってとらえ方は異なります。電話による占いなので、先生の目をみて話をすることができません。もちろん、先生も占ってもらいたい人の目をみて話をすることができません。しいてあげれば、目と目をみて話ができたいという部分がデメリットになりそうですが、電話占いは相手をみずに話をすることになるので、占い師の先生は、対面式の時よりも言葉を慎重に選んで、わかりやすく説明してくれています。ですから、対面式の時よりも話しが聞きやすくなっています。

電話占いが当たると話題沸騰です。全てを知っているかの様に言い当てます。電話一本で人生の方向性が見えてくるかもしれません。

電話占いのメリットとデメリットに迫ってみる

You May Also Like