自分の家の電界強度を調べよう!

地デジアンテナを選ぶ時に、一番重要になるのが電界強度です。電界強度というのは、電波の強さの事なのですが、エリアによってこの電界強度が変わってきます。電界強度が強い場所の事を強電界地域、弱い場所の事を弱電界地域と言います。どちらなのかによって、適切なアンテナの種類も変わってくるので、事前に調べる事は非常に重要です。

はっきりした数値は専門家しか分かりませんが、だいたい分かれば良いので、それほど神経質になる必要はありません。一番手軽なのは、近所の家電量販店で聞く事ですね。近くの電気屋さんなら、そのエリアのアンテナを設置している実績も多いでしょうし、電界強度についても把握している可能性が高いです。

また、ご近所さんがどういったアンテナをつけているかを見るだけでも、ある程度の特定は可能です。小さなアンテナをつけている家が多ければ強電界地域の可能性が高く、大きいアンテナが多ければ弱電界地域の可能性が高いです。

アンテナの種類を把握しよう!

地デジのアンテナは、大きく分けると3種類あります。最も利用されているタイプが、八木アンテナと言われる物です。電波の強弱どちらも利用できるのが利点ですが、アンテナが大きいため建物の景観を気にする方には不向きかもしれません。

平面アンテナは、非常に薄いデザインになっていて、建物の景観を損ねる心配もありません。性能自体は八木アンテナに適いませんが、見た目を気にする人にはおすすめなアンテナです。

もう一つが、室内に設置できるタイプのアンテナです。値段も安く、大きさも小さいので設置も容易。しかし、受信感度がそれほど良くないので、弱電界地域の方は避けた方が良いでしょう。

アンテナ設置は自分でできる場合と業者に依頼する場合があります。依頼する場合は相場や費用を調べ、信頼できる業者に頼みましょう。

地デジアンテナ選びに失敗しないために知っておくべき事!

You May Also Like