BCP対策とは何か?

BCP対策とは企業が自然災害や人的災害などの緊急事態が発生したときに取るべき対策のことです。被害を最小限度に抑えることで通常業務が滞らないようにするための行動指針です。トラブルによって運営に支障が生ずれば顧客からの信頼性を失ってしまうリスクがありますので、BCP対策は企業にとって不可欠な取り組みです。

具体的には「分散化」と「代替手段」があります

BCP対策の具体的な事例を紹介していきます。たとえば、「分散化」がその典型的なものです。これは災害が生じたときにインフラの影響を受けるリスクを分散化するために拠点を各地域に分散させるというものです。拠点場所を複数つくることで、災害が発生しても、企業のすべての業務が停止することなく、継続することができます。物流業務における在庫場所の分散化は広く行われていて、配送業務の滞りを最小限に抑える取り組みです。しかしながら、分散化によって生じるデメリットもあります。それはランニングコストがかかるということと、分散地をどこにするかという問題です。これを解決するのが「代替手段」です。これは業務がストップしてしまう事態が起きたときのために、社内システムを別の方法で代替するというBCP対策の1つです。たとえば、自家発電システムを備えておくことで停電が起きても運営に支障がでないようにすることなどです。ただし、この「代替手段」の場合は「分散化」よりも初期費用がかかることが多いので、どちらを選択するかは企業規模に応じて異なります。

BCP対策とは、災害やテロなどの非常時でも企業活動が停止しないように、また停止した場合でも被害を最小限に抑えるようにするための対策のことです。自然災害の多い日本でも、近年注目を集めています。

BCP対策とは?具体的事例を紹介します!

You May Also Like