基本はカウンセリングによる「心理療法」

心療内科の代表的な治療法として知られているのが、カウンセリングです。

カウンセリングは患者が思っている内容や考えている内容、悩みや不安などを医師に打ち明ける心理療法の一つです。ここでポイントとなってくるのが、医師は「アドバイスをするわけではない」ところだと言われています。患者がありのままの自分をさらけ出せるようにサポートしていくのが重要だと考えられているので、あくまで患者の話に耳を傾けて共感する姿勢が治療の基本となっています。

考え方を変えていく「行動認知療法」

うつ状態になっている人や気分が落ち込んでいる人の中には、物事の捉え方や考え方が変えられずに否定的な考えに陥ってしまう人もいます。そのような人たちに対して心療内科が提供している治療法が、「行動認知療法」です。

行動認知療法の特徴は否定的な考え方を前向きな考え方に変えていくところで、考え方一つを変えるだけで気分や行動が変化する人も珍しくはありません。そこからうつ状態や気分の落ち込みを改善するだけではなく、再発を予防できるようにしていくのが行動認知療法の効果です。

副作用がないので安心「漢方療法」

心療内科では精神科で処方されるような精神安定剤や向精神薬などが処方される場合もありますが、それ以外にも漢方が処方される場合もあります。漢方の中には西洋の薬と同様に精神面に効果があるものが多く、効果が出るまで時間がかかりますが副作用がないので安心して利用できるところがメリットです。

また精神面の効果があるもの以外にも体調を整える効果があるものや、未病と呼ばれるものに効果があるものなど多種多様な効果があるものが揃っているところも魅力だとされています。

岡山の心療内科を探す時は、インターネットなどの口コミを参考にするといいでしょう。また、問い合わせの電話をした時の受付の対応も押さえておきたいポイントです。

どんなことをやってるの?心療内科で受けられる治療法とは

You May Also Like